ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ハイエース車中泊 コンパクトな携帯チャイルドシートがおすすめ

<当ブログはアフィリエイト広告を利用しています>

どこでも設置できる携帯チャイルドシート

うちは夫婦とまだ幼い子どもの4人家族で、ハイエースナローボディで車中泊やバンライフを楽しんでいます。

小さな子どものいるファミリーにとって、車中泊に出かける上で最大のネックになるのがチャイルドシートではないでしょうか?

チャイルドシートは結構な重さと体積があります。女性一人では持ち運ぶのもやっとという方もおられるかもしれません。

キャンピングカーのようにリビングやベッドスペースが独立していない一般車では、朝晩の就寝スペースの確保のために荷物の移動やシートアレンジが必要で、中でもチャイルドシートのつけはずしと移動はとても面倒です。


うちの子は2歳と4歳のちびっ子ギャング2人なので、チャイルドシートも2つ!

そんな幼い子ども連れでの車中泊におすすめなのが、今回紹介する携帯チャイルドシートなのです。


もとは、電車や飛行機の旅先でレンタカーを借りる場合に手軽に持っていける携帯チャイルドシートなのですが、これが車中泊に大変便利。
日本育児のトラベルベストというのが正式名称のようです。


ボードの裏側に説明が書いてあり、シートベルトをフックのところに通して固定するだけの手軽さです。
子どもをシートにもたれさせたら、付属の2本のベルトを肩からまわして、お腹のところで固定すれば完了です。
使わないときはサッと取りはずしてしまえば邪魔になりません。重さは500グラムくらいなので女性でも楽々です。

ちなみにうちのハイエースは前列3名がけなので、中央シートにこの携帯チャイルドシートを取りつけてあり、助手席にはブースタータイプのジュニアシートを置いて使っています。2歳の下の子が中央に座り、4歳の上の子が助手席のブースターシートに座るのが我が家の定番スタイルです。

ブースターと組み合わせると更に便利に

3歳を過ぎたくらいから、ブースタータイプのジュニアシートで十分いけます。このブースタージュニアシートも中が中空になっていて、とても軽くて持ち運び楽々なんです。



中央シートは座面が若干高くなっているので、2歳の下の子と4歳の上の子の頭の位置がちょうど同じくらいになります。



ちなみに、ハイエースの前列3人がけはいいですよ!
子ども2人とも飽きずにずっと外の景色を見ています。
あと、目の前にナビがあるのがメチャメチャ嬉しいみたいですね。子どもなりに目の前の景色と地図の位置関係を捉えているようです。テレビやDVDをかけるより、ナビにして!と言います。


さてさて、トラベルベストとブースタージュニアシート。この2つで車中泊の時のシートの移動が最小限で済み、朝晩のセッティングがとても楽になりました。


ファミリー車中泊の参考になれば幸いです。

ちなみに、うちが使っているトラベルベストは少し古いものですが、今はモデルチェンジした商品が販売されています。

ファミリー車中泊といえば、チャイルドシートの他にベビーカーの問題もありますね。
ぜひこちらの記事も参考にしてください。
sleepysheep-zzz.hatenablog.com



ハイエースのナローボディで家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。車中泊の装備や収納の工夫、車中泊のおすすめスポットなど、同じような悩みを持つファミリー車中泊の方々と情報交換できれば嬉しく思います。
ご質問などありましたら、お気軽にコメントいただけると嬉しいです。


sleepysheep-zzz.hatenablog.com

sleepysheep-zzz.hatenablog.com

sleepysheep-zzz.hatenablog.com



ブログ村ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

ご協力ありがとうございます!


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


プライバシーポリシー/お問い合わせ