ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

キッチン包丁収納ラックDIY


包丁は子どもたちの手の届かない場所に

子どもが小さいうちは、家の中の色々な物の配置にとても悩まされます。手の届くところにあるものはとにかく触り倒すので、DVDやCDデッキなどもそうですし、キッチンなどは格好の遊び場です。特にキッチンのシンク下の収納部分にある包丁ラックは子どもの手の届くところにあるので、大人の目の届かない時に包丁を触られたら大変です。

そこで、包丁の収納場所を高いところに変更することにして、キッチンの窓枠に小さな収納ラックと包丁挿しをこしらえました。
これが、思った以上に便利で、たぶん子どもたちが成長してからもこのままこの形で使い続けるだろうと思います。

2枚の板を重ね合わせて1枚に

包丁ラックの作り方は、簡単に言うと2×6の板を2枚重ねた構造です。包丁を挿す部分は、包丁の刃の形を板にかたどって、電のこの刃の出かたを5ミリくらいに調整して、2×6の包丁の型の内側を電のこでくし状に切れ目を入れていき、あとはノミを使って残った部分を落としていきます。2枚の2×6とも刻みを入れなくても、片方だけすれば包丁は挿さりますので、刻んだ部分をやすりがけして適当にきれいにしたら、板を重ねてネジどめすれば外形は出来上がりです。

包丁が挿さる側面部分に真鍮のプレートでカバーをこしらえました。

塗装をして、カバーをつければ完成です。


ここに包丁があると、料理の時に包丁を取り出すひと手間が省けて、流れがスムーズになります。洗った包丁は、そのままラックに挿すと水滴で木の内部がカビたり腐る可能性があるので、いったん乾かしてからしまうようにしています。



ブログ村ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。
また、皆さまがいずれかの広告を1回クリックしていただけると今後のブログ維持につながります。
ご協力ありがとうございます!




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


プライバシーポリシー/お問い合わせ