ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ハイエース リアカーテンDIY


夫婦と子どもの4人家族で、ナローボディのハイエースをいろいろ自作したり工夫して、車中泊とバンライフを楽しんでいます。

さて、今回はハイエースのリアカーテン設置について書いてみたいと思います。


うちのハイエースは3型ですが、リアカーテンについては3型でも4型でも変わりはないと思います。ただし、あくまでうちのやり方なので、正規の方法がよい方は真似しない方がいいと思います。


純正のカーテンレールキットは高いので、うちは単純に家で使うカーテンレールを使っています。
レールのサイズは130センチから210センチくらいの伸縮式を使うか、長めのレールを買ってカットするかのどちらかでしょう。
うちは伸縮式を使っていますが、特に支障はありません。



リアゲートは微妙にカーブしている

ハイエースのリアゲート上部は、実はまっすぐではなくて中央部分が微妙にアール(凹)しています。
カーテンレールを取り付けるまでそのことに気づかなかったのですが、一直線のカーテンレールをあてがってみるとよくわかります。
リアハッチの丁番のボルトが左右に2つずつあり、その内側付近でレールと天井フレームが接していて、それ以外の部分には多少の隙間ができます。

つまり、カーテンレールを天井フレームにねじ止めする場所はピンポイントでそこしかないわけです。


なので、カーテンレールを天井に固定する場合、まず、フレームのどのあたりでレールと天井が接するかを見て、天井フレームの穴あけ位置にマジックか何かで印をつけましょう。
およその位置は、丁番のボルトのくぼみから3センチくらい内側になると思います。

この位置にマジックなどでしるしをつけたら、同時にカーテンレールにもネジの下穴のしるしをつけておきます。
伸縮式のカーテンレールの場合、レールが2本重なる部分があるので、下穴も2本分貫通させるように開ける必要があります。
途中でネジ穴がずれないように、セロテープなどでレールを固定しておくほうがよいでしょう。



印がついたら、カーテンレールと天井フレーム、それぞれにドリルで下穴を開けます。
うちは1.6ミリくらいの細いドリル刃を使って、インパクトドリルで穴を開けています。
カーテンレールの方がよほど力が必要で、ハイエースの天井フレームは、ほんの一瞬で穴があきます。

なので、ハイエースに下穴を開ける時は、外側のボディにまで貫通してしまわないように、あまり力を入れず加減しながら開けるようにしましょう。

ボディへの穴あけは貫通に注意

はじめて自分の車のボディにドリルで穴を開ける時は、とてもドキドキしましたが、慣れれば大したことはないです。

私がDIYで使う工具類について紹介したページがありますので、一応リンクしておきます。
sleepysheep-zzz.hatenablog.com



ちなみに、リアカーテンを吊すくらいの荷重であれば、カーテンレールの固定はネジ2本で十分です。タッピングビスを使えば、下穴を開けた後そのままネジを締めていけば十分とまります。




うちのハイエースの後部リビングは、左右の窓は常時遮光断熱してあるので、後部に関してはリアゲートのカーテンだけあれば、車中泊用の目隠しは完成です。


また、フロントガラスの目隠しは市販のサンシェード、そして、フロントとセカンドの左右の窓は市販の汎用カーテンを常時取り付けて格納してあるので、停泊地に到着したらサーっとカーテンを引くだけで目隠しが完了します。

冬場でも、夜露のことを気にしなければ、カーテンだけで十分車中泊可能です。よほどマイナス10度以下になるような極寒地でなければの話ですが。


純正のカーテンキットは全部揃えるとかなり高額になりますので、このように市販の汎用品とDIYを組み合わせて工夫すれば十分クオリティの高い車中泊環境が可能だと思います。
皆さんも是非チャレンジしてみてください。


夏場を乗り切る車中泊網戸の記事はこちら
sleepysheep-zzz.hatenablog.com
sleepysheep-zzz.hatenablog.com




f:id:sleepysheep-zzz:20200511075032p:plain


ブログ村ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


プライバシーポリシー/お問い合わせ