ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ハイエース車中泊@ビラデスト今津オートキャンプ場

f:id:sleepysheep-zzz:20210705175819j:plain


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


今回は滋賀県高島市にあるビラデスト今津オートキャンプ場での車中泊の様子をお届けしたいと思います。

オートキャンプ場としては割安な料金設定

ビラデスト今津は滋賀県高島市にある宿泊レジャー施設です。正式名称は「家族旅行村ビラデスト今津」といい、学生の研修や合宿などの利用を想定した合宿棟や研修棟、テニスコート、家族で楽しめるパターゴルフやグランドゴルフ場、1棟貸切のコテージ、バーベキュー施設、そして今回私たちが利用したオートキャンプ場などの施設が、標高550mの小高い山頂を中心とした広大なエリアに広がっています。公益財団法人が運営する施設のため、民間のオートキャンプ場に比べると利用料が割安に設定されているのが庶民にはありがたいところです。


オートキャンプの利用料金はAC電源付サイトの場合、トップシーズン6400円・ハイシーズン5400円・平日4300円となっています。
AC電源無しサイトの場合は、トップシーズン3300円・ハイシーズン3100円・平日2150円です。この他に「個別サイト」という名前のキャンプエリアもあり、そちらはトップシーズン・ハイシーズンともに3300円、平日3000円となっていました。
上記キャンプ場利用料とは別に、「入村料」として小学生以上1名300円が必要になります。


今回私たちは電源なしのサイトを予約したのですが、ホームページの説明だけではなかなか実際の様子が分かりにくかったので、実際に利用してみた感じをご紹介したいと思います。皆さんが利用される際の参考になれば幸いです。


まず料金に関してですが、うちのように大人2人と3歳・5歳の子ども2人で利用した場合で考えてみると、電源付サイトでハイシーズンなら入村料含めて6000円、これが電源なしサイトだと入村料含めて3700円となります。その差2300円。単純にAC電源の有無だけで考えると2300円の差は結構大きく感じます。


AC電源付サイトの場合、2サイトごとに流し台とトイレ設備が設置されていて、また各サイトには固定のコンクリートテーブルや調理スペース、消火器などが設置されており、夜間の常夜灯もついているので、設備的にはいわゆる「高規格型のオートキャンプ場」というくくりになると思います。キャンプ初心者でも安心して利用できる、管理と整備が行き届いたサイトだと思います。
f:id:sleepysheep-zzz:20210705175522j:plain

f:id:sleepysheep-zzz:20210705175516j:plain



電源付サイトの広さは平均250㎡ほどで、およそ間口12~13m、奥行15~20mという感じです。駐車スペースはアスファルトになっており、サイトは全面芝生になっていました。

写真に写っているキノコ型の建物が流し台とトイレです。隣接する2つのサイトに1つずつの割合で設置されていています。
流し台は1サイトに1つずつありますが、トイレは共同で和式の水洗トイレでした。
f:id:sleepysheep-zzz:20210706065433j:plain


一方、今回私たちが利用した電源なしサイトの場合、広さは平均150㎡、間口10m奥行15mくらいでした。こちらも全面芝生となっています。電源付サイトとの違いは洗しやトイレ、固定テーブルといった設備がなく、サイト全体が広い芝生となっていて、ロープで区画が仕切られています。駐車スペースは特に区切られていなくて、芝生に直接車を乗り入れる形になっています。

f:id:sleepysheep-zzz:20210707065626j:plain


私たちは今回こちらの電源なしサイトを利用したのですが、実際に利用してみた感じとしては、サイト内にハイエースを停めてもまだまだ十分な広さがあり、大型のテントやタープを設営して更に焚火スペースも余裕で取れるほどの広々したサイトでした。



ちなみに焚き火に関しては、直火は禁止されていますが、焚き火台と下地シートを使うことで焚き火OKとなっています。




ホームページによると、これら電源付、電源なしサイトの他に「個別サイト」という名前のキャンプサイトが4区画ほどありました。こちらも電源なしの芝生サイトなのですが、ホームページでは通常の電源なしサイトとの違いが今ひとつ分からなかったので、向こうについてから、どんな感じなのか様子を見に行ってみました。


f:id:sleepysheep-zzz:20210706194814j:plain

他のサイトが広大な芝生の広場の中に分譲地のようにサイトが区画されているのに対して、個別サイトはそこから更に斜面を登っていった少し奥まった場所にあって、傾斜地を段々畑のように整地してサイトが設けられていました。
f:id:sleepysheep-zzz:20210705182017j:plain

これで1区画です。めちゃくちゃ広くないですか?

こちらもサイトの中に車を乗り入れることができ、焚き火もOKでした。

他の区画サイトからは離れた場所にあり、更に、各サイトが落差1mほどの段々になっているので隣のサイトとの視界がさえぎられて、ひっそり感というか、よりプライベート感が高いサイトになっています。

ただ、難点はトイレや水場までが遠いこと。


f:id:sleepysheep-zzz:20210705182012j:plain

この写真に見える駐車場の向こうにある白い建物がトイレです。


片道軽く5分はかかると思います(笑)


それでも、ゆったりと静かにキャンプしたいという方なら、トイレまでの不便さはあるものの、こちらの個別サイトの方がいいかもしれません。


便利さをとるかプライベート感を取るか?

アメニティの充実具合からするとAC電源付サイトが色々な意味で快適さはかなり高いと思います。他のキャンプ場でこの規格だともっと高い料金設定になるので、この値段でAC電源付サイトを利用できるという点はなかなか魅力的ではないでしょうか?


どちらも一長一短あって悩むところですが、高規格型のAC電源付サイトは、手軽に快適にキャンプを楽しめる一方、あまりに便利すぎて、逆にキャンプに慣れている方々には少し物足りなく感じるかもしれません。


AC電源がないことや、トイレ、水場などが多少離れていることを除けば、AC電源なしのサイト
でハイシーズン3100円、平日2150円というのはかなりお得に感じられるのではないでしょうか?
RVパークでも場所によってはこれくらいの料金がかかりますから、それよりはこちらの方が断然おすすめです。



どのサイトを選んだとしても、これだけ広々したスペースを気兼ねなく使えるというのはとても魅力的です。
一般的なキャンプ場のフリーサイトの場合、隣のテントと詰め詰めで、まるでキャンプ難民のような狭苦しいキャンプになりがちですが、それと比較すると、ここビラデストは、どのサイトを選んでも広々したスペースと、青々した芝生がとても気持ちいいキャンプ場です。

さて、今回はこの辺で。
次回はビラデスト今津の色々な施設を探検してみたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ