ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊おすすめカップ麺No.1は?

f:id:sleepysheep-zzz:20210907065200j:plain


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

さて、今回は車中泊に便利な即席フーズに関する考察です。

カップ麺の功罪

若いころは毎日のようにカップ麺を食べても平気でしたが、さすがに歳をとると毎食カップ麺ばかりだと胃がもたれて身体への負担が大きいですし、カロリーも気になります。

それでも、お湯を注いで3〜5分すれば食べられるという便利さは、車中泊の車内ご飯のメニューとしては必須アイテムの一つでしょう。


日清製粉の創業者である安藤百福があのチキンラーメンを世に送り出したのが昭和33年。
それから13年後の昭和46年に、今度はカップヌードルを発売して世界をアッと驚かせました。

お湯を注いで3分で食べられるという手軽さ、そして誰もが「美味しい」と認める味。長期保存ができる等、チキンラーメンやカップヌードルはまたたく間に日本人の胃袋に染みこんでいきました。
安藤百福さんはあえて特許をとらず、製法を誰でも真似できるようにして、カップ麺産業そのものの発展を目指したそうですから、本当に先見の明があったというか、日本が世界に誇る偉人の1人だと思います。


カップヌードル誕生から50年が経ちました。
その間、さまざまなカップ麺が開発され、麺のコシやスープへのこだわりなど各社がしのぎを削っています。


カップ麺にせよ、袋入のインスタント麺にせよ、基本的に即席麺というのは「アルファ化」といって、いったん茹でた麺を油で揚げるか熱風で乾燥させるかすることによってでんぷんから水分を蒸発させて作られます。(生麺タイプは少し異なるようですが)


アルファ化という点ではフリーズドライのお米(アルファ米)も同じですね。


アルファ化されたでんぷんは、水やお湯を注ぐと「食べられるでんぷん」に戻ります。

炊いたご飯をそのまま置いておくとカチカチに硬くなりますが、これはアルファ化ではなくてベータ化といって、元のお米の状態に戻るだけですから、これに水やお湯を注いでも「ご飯」にはなりません。
つまり、一度茹でたり炊いたりして食べられる状態になったでんぷんを、急速に熱を加えて水分を飛ばすというところがアルファ化のポイントなわけですね。


似たような乾燥方法にフリーズドライというのがありますが、こちらは茹でた野菜などを急速冷凍することで水分を飛ばす方法です。


まあ、とにかくこのような技術に支えられて、私たちの車中泊の車内ご飯はかなりメニュー豊富でカンタン便利になりました。

間違いなくダントツNO.1

f:id:sleepysheep-zzz:20210907065200j:plain
さて、前置きが長くなりましたが、私がダントツでおすすめするカップ麺NO.1は、この写真にある寿がきやの「鳥取ゴールド」です。
私がというより、うちの家族がといった方がいいかもしれません。

初めて食べて以来すっかり虜になり、子どもたちはスーパーに行くとかならずカップ麺コーナーに行って鳥取ゴールドを探すのです。


「鳥取ゴールド」は、鳥取県中部地区にて創業し、60年以上愛され続ける老舗「香味徳」の銀座店の看板メニューです。
牛骨だしのしょうゆ味、牛の甘みと香ばしさが特徴です。
ブラックペッパーでキレの良い後味に仕上げました。
スープに負けないもっちりとした、コシと粘りのある滑らかな口当たりのノンフライ中太麺。
チャーシュー、もやし、ネギ、黒胡椒の具材です。

〜amazonの商品紹介文〜



しょうゆベースとなっていますが、スープの色は薄い透き通った黄色(ゴールド)で、見た目は塩味か?と思うほどなんです。
私がこのラーメンをおすすめする1番の理由はこのスープ。
牛骨から取ったスープはあっさりしているけれど、しっかりと牛のダシの味が味わえるんです。高級なフレンチで飲むビーフコンソメのような。
即席麺でここまで美味しいスープに出会ったのは正直初めてです。

そのビーフのスープに、粗挽きの黒胡椒がしっかりとしたアクセントになっていたり、さらにフリーズドライのもやしが、結構なシャキシャキ感と、もやしそのものの味をちゃんと主張していて、カップ麺でありながら、1食を通してしっかりラーメンと向き合って食べた感じがします。

麺に関してはノンフライの中太麺で、まあそれほど特筆するほど何か突出した特徴がある訳ではないですが、とにかくスープの旨さ。


寿がきやといえばうどんスープが有名ですが、その流れなんでしょうか?とにかくスープの旨さが突出していると思います。必ず最後まで飲み干すのがわが家のルーティンです。




うちでは車中泊には必ず持っていく定番になっています。
ただ、このラーメン限定生産らしく、どこのスーパーでも売っている訳ではないようなのです。

もし近くのスーパーで見かけたら、是非一度しっかりしたビーフのスープを味わってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ