ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

冬車中泊におすすめ テムレス防寒手袋

f:id:sleepysheep-zzz:20220204065624j:plain

ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

今日は冬の車中泊や屋外作業におすすめの防寒手袋についてご紹介したいと思います。

長年愛用のオーバーミトンが

先日、家族で近くのスキー場へ雪遊びに行った時のこと、今まで長年愛用してきたロイッシュのオーバーミトンがとうとうダメになってしまいました。
f:id:sleepysheep-zzz:20220204065916j:plain
f:id:sleepysheep-zzz:20220204065924j:plain
f:id:sleepysheep-zzz:20220204065930j:plain

指先がほつれて、中から何やら白い粉のようなものがポロポロ出てきました。
いや、白い粉って末端価格何千万もするやつじゃないですよ。
中のゴアテックス素材が経年劣化で粉々になってしまったみたいです。これでは使い物になりません。


オーバーミトンというのは、スキー手袋の上からはめる薄手のミトン手袋のことなんですが、これが雪の上ではものすごく重宝するんです。
昔スキー学校にいたころは、生徒さんのスキーのつけ外しやブーツの調整なんかをすることがとても多いのと、1日中スキーグローブをはめていると中が蒸れて手袋が剣道のコテのようにものすごく臭うので、バスの運転手さんがはめるような白い薄手の手袋をはめた上に、このオーバーミトンをつけて仕事していました。
オーバーミトンはつけ外しがとても楽にできる上に、カバンにしまうのもとてもコンパクトにたためるので、革のスキー手袋よりオーバーミトンの方が圧倒的に便利なんです。
もし、新しくスキー手袋をお探しの方がいたら、一度オーバーミトンを試してみられることを是非おすすめします。


さらにいい手袋を見つけてしまった

オーバーミトンはものすごくおすすめなのですが、そこそこのものになると万を超えてしまいます。
破れてしまったのでもう一度オーバーミトンを買おうかと思って探していたんですが、今はもう毎日雪の上に立つこともなくなってしまったので、そこまで高い手袋もなあ。。。どうしようかなあと思案していたところ、雪山やスキーにおすすめのゴム手袋があるという噂を見つけました。
作業用の防寒手袋で値段も安いのですが、これがものすごく評判がいいので、試しに買ってみることにしました。

f:id:sleepysheep-zzz:20220204072508j:plain


その名は「テムレス防寒手袋」
テムレスというのは「手が蒸れない」をもじったネーミングのようです。ショーワグローブという日本の会社で製造されています。
価格は1500円ほど。


作業用のゴム手袋として考えると1500円はちょっと高いですが、スキーや雪山用のオーバーグローブとして考えるとものすごく安いですよね。



f:id:sleepysheep-zzz:20220204072520j:plain

見た目はいかにも作業用って感じです。
裏書きを見ると、ポリウレタン素材の4層構造になっていて、1.防水、2.透湿、3.裏起毛、4.マイナス60℃でも柔らかさを保つ、というのがウリとのこと。


f:id:sleepysheep-zzz:20220204073011j:plain

手袋の背の部分に「防寒 テムレス」と思いっきり表示されています。
農家のおじさんがはめていそうな外観。カラーはモスグリーンとブルーの2色展開です。
スキー用や山用として考えると好みが分かれるところですが、この、いかにも作業用というか、職人っぽい感じが、逆に私は面白いと思います。



ちなみに、スポーツ用の黒いタイプも発売されているので、どうしても作業用の雰囲気が嫌な人はこちらを選べばいいと思います。
スポーツタイプの方はは「テムレス」ではなく「TEMLES」とローマ字表記になっていて、野暮ったさはかなり軽減されています。ただし価格は約3倍の4500円クラス。
私は1500円のでも十分カッコいいと思いますが。



f:id:sleepysheep-zzz:20220204073015j:plain

テムレスは裏起毛になっています。このおかげで、指先と手袋の間に空気の層ができることで自らの体温が保温層になって暖かさが保たれます。
ポリウレタンの表面には透湿素材が使われているため、汗をかきやすい男性が素手ではめても蒸れにくい作りになっていますが、できれば中にもう1枚薄手の手袋をはめて2枚重ねで使うことをおすすめします。
そういう意味で、サイズは通常よりワンサイズ大きいものを選ぶようにしましょう。

私はどちらかというと手のひらは小さめで、普段なら手袋はMサイズですが、2枚重ねを想定してLサイズにしました。2枚重ねで使うにはLでちょうどいいです。
Mだと指先が締めつけられて、すぐに指がかじかんでくると思います。

f:id:sleepysheep-zzz:20220204073019j:plain



f:id:sleepysheep-zzz:20220204073043j:plain

試しに、氷の塊を手に持って、どれくらい冷たさが伝わってくるか?実験してみましたが、10分以上氷を持ち続けてもまったく平気でした。

f:id:sleepysheep-zzz:20220204073047j:plain


ポリウレタン素材のおかげで氷がツルツル滑ることもなく、しっかり掴んでいられます。


これなら、冬の車中泊や屋外作業用に大活躍してくれそうです。車に積んでおけばいざと言う時に軍手の上からはめて作業に使うこともできるでしょう。油やドロ汚れでも気にせずガシガシ掴めますし、完全防水なので石鹸や洗剤でいくらでも洗えます。


先日、ハイエースに自転車をつんで家族でバンライフに出かけてきましたが、子どもの自転車のチェーンが外れたときも、この手袋のおかげで手も汚れず、極寒の中でも快適でした。



テムレス防寒、かなりおすすめです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ