ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

自宅プレイルームに鉄棒をDIY

<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


今回、わが家の伸び盛りのちびっこ2人のために、自宅のプレイルームに新たに鉄棒をDIYしましたので、今日はそんな話題をお届けしたいと思います。

もはやキッズジム?の多目的プレイルーム

古家をリフォームして滋賀に移住してきた時、1階の西側の部屋だけはフローリングにせず、テラコッタ調のクッションフロア貼りにしたのです。
この1部屋だけあえてフローリングにしなかった理由は、なんとなくこの部屋は多目的な使い方になるような予感がしたからなのですが、今思えば、全くその予想通りのマルチな使い方になっています。

2019年 キッズハウス誕生

キッズハウスの中はミニキッチン

2020年 ボルダリング誕生


2021年 うんていを設置


そして今回、この多目的ルームに新たに鉄棒を設置しようというわけです。


いえ、私は別に元体操選手というわけではありません(笑)どちらかといえば幼い頃は虚弱がちでした。
その反動といいますか、自分の子どもたちにはとにかく元気いっぱいのスポーツ少年でいてもらいたいとの願いがあります。


全てのスポーツの基本は体幹バランスにあるといっても過言ではないと思うんです。そして、そんな体幹バランスと身体能力を総合的に伸ばしてくれるのが体操です。
子ども時代に体操を通して身体の使い方を覚えておくと、将来どんなスポーツをしても、基本的な身体能力が身についているので、スッと入っていけると思うのです。

意外と簡単?鉄棒DIY

さて、今回の鉄棒DIY。やってみると意外と簡単に作れてしまったのでした。


最初、自立式にしようかと思ったのですが、部屋には既にうんていが作ってありますから、このうんていの横棒を生かした作りにすれば、最低限の材料で鉄棒が作れるんじゃないか?と思いつき、その方法でやってみることにしたのです。


材料は、家にあった赤松の桟木(27mm×60mm)190センチが2本と、これまた倉庫に眠っていたステンレスのポール(直径25mm)100センチ1本。以上です。


赤松は乾くとかなり硬くなり、2×4などとは比較にならないくらい強度と粘りがありますから、力のかかる場所に使うなら断然赤松材がおすすめです。うちはいつも4mものを買って、必要に応じてカットして使っています。
ホームセンターなどで木を選ぶ時は、木の乾き具合や曲がりを必ず確認してから買うようにしましょう。手にした時にあまりズッシリと重い材は、製材所で切り出されてからまだ間がなく、板が湿っている可能性があります。
そういう材は乾くプロセスで木が捻れたり曲がったりする可能性が高いため、避けた方がいいです。



桟木にドリルで穴を開けていきます。使用するパイプが直径25mmなので、ドリルの遊びをみて最初24mmのドリルで穴を開けてみましたが、赤松はさすがに目がしっかり詰まっているせいか、ドリル刃は寸分違わず24mmの穴しか開かず、パイプが穴に入っていきませんでした。
そこで、再び25mmのドリルを使ってひと回り穴を広げてから、パイプを入れてみるとちょうど穴にパイプがはまりました。
しかも穴はややキツめで、手でパイプを回してもびくともしないくらいしっかりはまっています。
鉄棒をする時にポールがくるくる回ってしまっては困るなと思っていたので、これはこれでちょうどよかったです。
さすがは赤松材というべきでしょうか。


穴の位置を10センチ間隔で、80、90、100、110、120、130センチと6ヶ所ずつ開けていきました。
穴の位置を変えれば、鉄棒の高さが変えられるという作戦です。


おっと、鉄棒の固定部分の写真を撮り忘れてしまいました。

Hの形に赤松とポールを組み立ててから、うんていの横棒に赤松を立てかけるようにしてから、バイス(固定金具)で横棒と赤松の桟木を固定します。
固定はその2ヶ所だけなんです。


赤松の一番底(床と接する場所)には、一応、家具などの滑り止めに使うゴムシートを敷いてあります。体重が下向けにかかるので、支柱がズレたりする恐れはありません。


早速さかあがりをして遊ぶ子どもたち。
お兄ちゃんに続いて、4歳の下の子もさかあがりができるようになりました!




最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ