ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊みやげにおすすめ 一輪挿しの魅力

<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>



※長浜のガラス工房で買った一輪挿し

ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

本日は、一輪挿しに関する話題です。

小さな宇宙を感じる一輪挿し

海外では日本の盆栽がブームになっているそうです。テーブルに乗る小さな鉢の上にしつらえられた盆栽の幹や枝が織りなす姿は、日本の「侘び寂び」にも通じる自然の造形美と世界観をあらわしていると思います。海外の人々は、そうした世界観に魅せられて盆栽にはまっていくのでしょう。ある意味、彼らは日本人以上に日本の心をよく理解しているのかもしれません。

今日のテーマは「一輪挿し」ですが、実は一輪挿しにも盆栽に通じる世界観があるのではないだろうかと思っています。
文字どおり、ただ一輪の花を活けるための小さな花器ですが、器がシンプルだからこそ、そこに込められた造形の工夫によって、活けた植物と一体になることによって、そこに無限の宇宙の広がりを感じることさえできるのではないかと思うのです。

手軽さと可愛らしさでお土産に最適


※九州の天草地方の陶芸作家の一輪挿し

一輪挿しの素材は、ガラスであったり、焼き物であったり、木や竹などを使って作られていることもあります。
いずれにしても、材料や大きさはせいぜい知れているので、手軽な値段で買い求めることができるのがまずおすすめポイントです。
かなり有名な作家や工房のものでも何千円もしない手ごろな値段で買えるので、旅先での思い出に買い求めやすいと思いますし、何より、家に帰ってから、日々の暮らしでその一輪挿しにさまざまな植物を活ける楽しみがあります。


大きな花器だと、花もそれなりにボリュームが必要ですから、そういつもいつもきれいな花を買うこともままなりませんが、一輪挿しなら、あまり気取らずちょっと1本花があれば活けることができます。何も花だけに限らなくても、ちょっとした木の枝や葉っぱを挿すだけでも十分、自然の雰囲気を楽しむことができるのも一輪挿しのいいところです。



※梅花藻(ばいかも)をモチーフにした一輪挿し

おトイレや洗面所、玄関の片隅、キッチンなど、家の中のちょっとした場所にお気に入りの一輪挿しを置くだけで、見るたびに自然のやさしさを感じることができます。そして、その一輪挿しを初めて手にした時の、旅先での出会いの感激を思い出すことができるのです。


一輪挿しの魅力は風鈴の涼しげな音色とも通じるものがあるかもしれません。
風鈴が奏でるチリリンという音色は、森を抜けてくる涼やかな風をイメージさせてくれます。耳に届く音が、映像を連れてきてくれるのですね。風鈴が、五感で自然を感じるための小さな道具であると同じように、一輪の植物を挿すための花器は、そこに宇宙を感じさせてくれる、まさに五感の器だという気がします。

ぜひ皆さんも、旅先に行かれたら可愛い一輪挿しを探してみてください。
道端に生えている名も知らぬ草花でさえ、一輪挿しの魔法にかかれば素敵な生け花となって暮らしに彩りを与えてくれるのです。


家の中に、さりげなく一輪の花や草木が生けられているだけで、暮らしに潤いを与えてくれます。
暮らしを彩るささやかな一輪挿しの魅力、皆さんにも是非お勧めします!


最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ