ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊 車載冷蔵庫と車のバッテリーへの負担

f:id:sleepysheep-zzz:20210813191112j:plain


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

本日は、最近普及が進みつつある車載冷蔵庫について、車中泊での導入を考えておられる方に向けた実践的なアドバイスを少し書いてみたいと思います


車載冷蔵庫はぜひ導入価値あり

改めて、車中泊に車載冷蔵庫を考えておられる方、それは大変正しい選択肢です。

冷蔵庫の存在は車中泊やバンライフを大きく変えてくれます。
それだけでなく、普段の生活でも車に冷蔵庫があるとかなり便利さが増します。


クーラーボックスの場合だと、常に追加の氷の心配をしなければなりませんし、溶けた氷水でボックス内がびしょ濡れになりがちです。また、保冷剤や氷の量の分だけ入れられる食品のスペースが少なくなります。車載冷蔵庫はそうした問題を全てクリアしてくれます。

また普段の買い物でも、冷凍食品やアイスクリームなどを買った時は、なるべく早く家まで帰らなければいけませんが、冷蔵庫があれば気兼ねなく買い物後も用事や外出を続けられます。

そして、お父さんにとって何より一番嬉しいのは、停泊先でキンキンの氷温に冷えたビールを飲めることです。
クーラーボックスにいくら強力な保冷剤や氷を入れても、ビールを氷温まで冷やすことはできませんが、車載冷蔵庫なら温度設定をマイナス3度くらいに設定しておけば、シャーベット寸前のキンキン状態に冷やすことができます。そのうまさといったらもう!
そのためだけでも、十分車載冷蔵庫を導入する価値はあるというものです(笑)

車載冷蔵庫の電源確保

さて、大変魅力的な車載冷蔵庫ですが、amazonや楽天でポチッとする前に、今一度よく考えておくべきことがあります。
それは車載冷蔵庫の電源確保、特に車のバッテリーへの負担についてです。

最初に結論を言うと、車載冷蔵庫はシガーソケット電源だけで維持するのはまず困難です。
車中泊での持続的な使用を考えておられるなら、ポータブル電源かサブバッテリーの導入が不可欠だと私は思います。
特に3泊以上連泊するような場合は、さらにソーラーパネルを設置するか、あるいは旅の途中RVパークなどでポータブル電源を充電してやる必要があります。


「車載冷蔵庫はクーラーボックスと同じように保冷能力があるんだから、走行中はシガーソケット電源で冷蔵庫を十分冷やしておけば、停車後は電源なしでもクーラーボックス的に使えるんじゃないか?」

と、はじめ私もそう考えていたのです。
が、それは無理でした。

たしかに、車載冷蔵庫はかなり保冷能力があります。例えば気温30℃で冷蔵庫内に食品を満たして0℃まで冷やした状態で電源を切ったあと、庫内が5℃まで上昇するのに約4〜5時間は保ちます。そういう意味では、車載冷蔵庫をクーラーボックス的に使うという発想は確かにアリなんですが、問題なのは「走行中のシガーソケットから電源を取る」という部分です。

冷蔵庫に必要な電力や電圧というものをナメてはいけません。

車載冷蔵庫に必要な電力の確保

ここで、車載冷蔵庫に必要な電力と電圧について少し考えてみましょう。

うちが使っている車載冷蔵庫は、定格電力35Wと表示されています。
試しにポータブル電源につないで起動させてみると、初めは消費電力が65Wくらいと表示され、冷却が進むにつれて、消費電力が35W程度まで下がってきます。一定温度まで下がったあとは、庫内温度が上昇するとまたコンプレッサーが動き出し、温度が下がるとコンプレッサーが止まり、これを繰り返します。

コンプレッサーは起動時に突入電流といって定格電力の数倍から10倍もの電力が必要です。
冷蔵庫の定格は35Wですが、起動時はかなりの電力を必要とします。
つまり冷蔵庫を車で使うには、突入電流の大きさに耐えられる電力や電圧が必要ということになります。



私は最初これを知らず、何度も失敗を繰り返しました。
はじめ、車のシガーソケットから直流で電源をとったところ電圧不足でエラーになり、次に150Wのインバーターを買ってつないでみたところ、冷蔵庫の電源を入れたとたんにインバーターが過電流保護でエラーが出て使えませんでした。
そこでインバーターを500Wクラスの大きなものに変えてみましたが、今度はインバーターがバッテリーの低電圧を感知して、やはり使えませんでした。

これまでインバーターを何台買い換えたか分かりません。それも結局、今は一切インバーターは使っていないので、かなりムダ遣いをしてしまったことになります。


このあたりが、素人にはなかなか分かりづらい部分なのです。つまり、消費電力と電流と電圧の関係というんでしょうか。車で電化製品を使う場合の電流や電圧というものについて、多少知っているつもりでいたのですが、これがなかなか厄介なのです。

いくら大きなインバーターを買っても、そもそもバッテリーから取り出せる電力はしれているのです。12Vで10アンペア取り出せるとして120Wですが、インバーターの変換ロスを考えると、まあ100Wが限界でしょう。
車載冷蔵庫は定格電力は35Wですが、起動時の突入電流を考えるとどうしても無理が生じるのです。

バッテリーの電圧低下の問題

車のバッテリーはご存知のように12Vですが、実は常に12ボルトなのではなくて、一定の範囲内で電圧は変動しています。
正常なバッテリーの電圧範囲はおよそ12.5V~14V程度です。目安として、エンジン停止時の電圧が12.5V以上、あるいはエンジン作動中の電圧が13V以上あれば、そのバッテリーは正常といえますし、逆にエンジン停止時で12.5V以下、エンジン作動中で13V以下の場合、バッテリー自体が劣化している可能性があります。

エンジンが動いている時のバッテリーの電圧についてさらに考えてみると、エンジン作動中、オルタネータ(発電装置)が働くことでバッテリーは充電されますが、オルタネータはバッテリーの電圧が下がったことを感知して作動するのではなく、オルタネータに繋がっている機器の電気負荷に連動して動きはじめるため、車載冷蔵庫が直接オルタネータにつながっていない限り、冷蔵庫が電気を消費してもオルタネータは電圧低下を感知できず、バッテリーの電圧はどんどん下がっていくのです。


車載冷蔵庫には、最低稼働電圧を切り替える保護スイッチが付いていて、バッテリーの電圧低下を早めに察知して冷蔵庫の電源が切れるようになっていますが、切替スイッチを「低い」方に設定すると、バッテリーの電圧が下がってもギリギリまで冷蔵庫は動くかわりに、バッテリーにかなり負担をかけることになります。


このように考えていくと、結局、車のシガーソケットやACC電源からの電気だけでは、冷蔵庫を安定的に使うには電圧が不安定すぎるわけです。


車中泊の間、常にバッテリー上がりを気にしながら冷蔵庫の電源を管理することは、旅そのものの面白さを半減させてしまいます。


車載冷蔵庫の導入を考えておられる方々にとっては水を差されるようで大変申し訳ないのですが、車中泊での持続的な使用を想定するなら、初めから「車載冷蔵庫+ポータブル電源」をセットで購入する方が無難です。
この場合のポータブル電源は、最低でも500Whクラスのものを選ぶようにしましょう。できれば1000Wか1500Wクラスを選んでおけば、長期の車中泊にもゆとりをもって対応できます。
車載冷蔵庫が実売2万円くらい、500Wクラスのポータブル電源は実売4~5万円くらいですから、初期投資は6~7万円というところでしょうか?


経験上、500Wクラスのポータブル電源で1泊2日までならソーラーパネルなしでも何とか可能です。出発当日は冷えた食品や飲料を満たし、念のため保冷剤を入れておけば、1日目の日中はほとんど電源を消費せず、1日目の夕方くらいからようやく冷蔵庫がポータブル電源からの電気を使い始める感じです。ここから一晩、設定温度4~5℃くらいにしておくと、断続的にコンプレッサーが動き、翌朝まででポータブル電源の残量が約半分くらいに減っていると思います。
翌日の日中もポータブル電源の電池は徐々に減っていきますが、シガーソケットからの走行充電を、冷蔵庫ではなくポータブル電源に充電してやることで、少しずつではありますが、ポータブル電源が充電され、夕方帰宅するまで冷蔵庫は何とか保ちます。もし心配なら、途中のスーパーなどで保冷用の氷を少し補充してやれば大丈夫です。


うちの場合、冷蔵庫とポータブル電源を導入して1年目はこのパターンで乗り切っていました。
ただ、これだと2泊以上の車中泊になると電源がもたないのと、常に電源の残量を気にしなくてはいけないのが結構面倒になってきたため、2年目にソーラーパネルを導入し、さらに3年目にポータブル電源とソーラーパネルを2つずつに増やしました。
現在は、500Wクラスのポータブル電源2台から1500Wのポータブル電源1台にまとめ、1500Wの電源と100Wソーラーパネル2枚という形に落ち着いています。


車内で電気が使えるために、ずいぶんと回り道をしたものです。
冷蔵庫の導入を考えなければ、そこまでの電源は必要ありませんが、そんなこれまでの回り道を振り返ってみても、車載冷蔵庫の導入については十分価値があると思います。

これから車載冷蔵庫の導入を考えておられる方が、少しでも回り道を避け、最小限のコスト投入で快適な車中泊ライフが手に入ることを願っています。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ