ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

シラザン50でハイエースボディ復活!

<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


10万キロ経過したうちのハイエースの現状について先日ご報告しました。中でもボディの経年劣化が気になるところで、あちらこちらにスポット錆が出たりして、このまま放置しているとダメージがどんどん広がっていきそうな予感がしています。
今回、そんなハイエースの少しくたびれてきたボディに、シラザン50(ガラスコーティング剤)をDIYで施工してみたところ、驚くほど効果がありましたので、今日はそのことについてお話ししたいと思います。

まだまだ一般化していないコーティング剤

車のボディにコーティングを施すことでツヤが維持できたり、水をはじいて汚れがつきにくくなるのは皆さんよくご存知だと思いますが、実際にコーティングをされている方はまだあまり多くないかもしれません。ワックスは多くの人が使っているのにコーティングはあまり浸透していないその理由は、一つは価格の問題と、もう一つは施行の手間の問題、つまり、費用や手間に対する持続効果が今一つはっきり感じられないというところが大きいように思います。


コーティングをされる人の多くは新車の時にディーラーオプションでコーティングしてもらうか、あるいは、納車後の早い段階で業者にコーティングを施工してもらうかでしょうか。きちんと業者に施工してもらったコーティングは、定期的にメンテナンスすれば3年くらいはコーティングが持続するといわれています。ただし、価格が数万~10数万とかなり高価なので、まだまだ気軽にコーティングしてもらうという感じではないように思います。


もう一つ、自分でコーティング剤を買って施工する方法もありますが、コーティング剤にもいろいろ種類があって、価格の安いものは耐久性もそれなりで、ワックスをかけるのと大して変わらないものだったりします。
ここに、「ワックスがけの延長線上にあるようなプチコーティング」というジャンルと、「きちんと施行し効果が年単位で持続するコーティング」というところに線引きがあるように思います。
多くの人が前者の、「ある程度のお金で買えるプチコーティング」は試してみたことがあるけど、思ったほど効果が長続きせず、費用と手間と持続性のバランスでいつのまにか自然消滅的に使わなくなってしまった、という感じではないでしょうか?
まして、新車から何年も経過した古い車に改めてコーティングを試してみようなんて、よほど効果が実感できないかぎり、やってみようとは思わないんじゃないかと思います。


ところがです。
うちのくたびれたハイエースが、ガラスコーティングによって見事に復活したわけです。これには驚きました。しかも、ガラスコーティングって普通は業者に施工してもらわないと、ポリマーコーティングと比べて施工が難しいんですが、今回試したシラザン50ガラスコーティング剤はスプレーで吹き付けて拭き上げるだけという超簡単操作なので、素人の私でも休みの日に1人で施工できてしまうという手軽さでした。


そして、その仕上がりの美しさにはわれながら感動(いや、コーティング剤がすごいだけで、私は何もすごくないのですが笑)
施行してみた感じはほとんどスプレーワックスと変わらないか、むしろスプレーワックスより簡単なくらいです、何より、施行してすぐに違いが実感できるので、休日の作業としては達成感がとても高いDIYだと思います。

むしろ旧車におすすめガラスコーティングの威力

今回うちが試したコーティング剤は「シラザン50」というスプレー式のガラスコーティング剤です。ヘッドライトで有名な日本ライティング社から発売されています。

www.zwebonlinestore.com

www.zwebonlinestore.com

安心のmade in Japanなので信頼性も高いですね。

キットを開けると、中にはA剤、B剤、硬化剤という3種類の液体(ガラス瓶入り)と、空のスプレーボトル、拭き上げ用のマイクロファイバークロス、手袋やマスク、下洗い用の専用洗剤までがセットされていて、そのまますぐ施工できるようになっています。施工時には、目を保護するための作業用メガネがある方がより安全なのですが、作業ゴーグルはセットには含まれていませんので、自分で準備しましょう。


いきなりですが、こちらが施工後のハイエースのボディです。

いかがですか?ボディのツヤが見事に復活して、まわりの風景が鏡のように映り込んでいるのが分かります。
新車だと最初からボディが艶々光っているので、ある意味コーティングのありがたみを感じにくいところがありますが、旧車のくたびれたボディがここまで復活するのを目の当たりにすると、本当に感動します。


施工にかかる手間とコーティング剤の金額などを考えあわせても、「これならやって損はない」と十分実感できるおすすめのDIYです。

www.zwebonlinestore.com

www.zwebonlinestore.com



次回は、引き続きシラザン50の実際の施工の様子をお届けしたいと思います。
お楽しみに!


最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!


また、車中泊に関することで知りたいテーマや聞いてみたいことがありましたら、お気軽にコメント欄にご記入いただければ、分かる範囲でご紹介させていただきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ