ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ナローボディで4人就寝はそろそろ限界か?

<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>


(写真には3人写っていますが、1人は姪っ子です)



ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


小さかった子どもたちも日々成長して、ずいぶん手足が長くなってきました。ナローボディのハイエースで家族4人が寝泊まりするのも、だんだん手狭になりつつあります。

現状の車内レイアウト

うちのハイエースは前席3人シート、そしてセカンドシートはダークプライムの3人がけシートが購入時に換装されています。
ダークプライムのシートは通常のDXのシートに比べるとクッションが分厚くて、背もたれを倒すとちょうど前席の背もたれを畳んだのと同じ高さになり、ここに板を橋渡しするとフラットな就寝スペースができます。広さは横95×縦200センチほどでしょうか。子どもが小さい頃は親子2人で十分ここに寝ることができました。

一方、後ろの荷室には自作のベッドキットがあり、こちらは幅140×縦190センチほどの広さがあります。
以前は、前のスペースにパパと下の子、ベッドキットにママと上の子が寝ていたのですが、子どもが成長するにつれてだんだん狭くなってきたので、最近は前側に子ども2人が縦に並ぶように寝て、後ろのベッドキットでパパとママが寝ています。今年は何とかこの配置でしのげそうですが、子どもたちの身長がさらに伸びてくれば、このレイアウトもそろそろ限界です。


さて、どうしたもんでしょう。。。


バンコンキャンピングカーという選択肢

バンコンと呼ばれるハイエースベースのキャンピングカーがありますが、その中でも最大クラスといえば、「ワイドボディ、スーパーロング、ハイルーフ」です。室内の広さをナローと比較してみると、

室内比較

                   
ナロー ワイド寸法差
室内幅 1520mm 1730mm21センチ
室内長 3000mm 3540mm51センチ
室内高 1320mm 1635mm31.5センチ

寸法差だけ見ると大して違わないようにも思えますが、縦×横×高さの合計(容積)で比較してみるとナローは約6㎥、一方、ワイドスーパーロングハイルーフは約10㎥と、その差は1.7倍近い圧倒的な広さがあります。


ワイドボディのバンコンについて色々と調べてみたんですが、リアのサイドウィンドウが出窓のように出っ張ったモデルがあり、これだと後部荷室の横幅が190センチくらい取れるので、大人が横向きに就寝することができるんだそうです。
車内で横向きに寝られるのはいいですよね。その分、室内が広く使えるので、ダイニングスペースをベッドに展開することなく、そのままベッドにもぐりこんで就寝することができます。夜、寝る前にレイアウトを変更するのって結構面倒くさいものなので、これは便利だろうなと思います。


私がみていて気になったバンコンは、東和モータースというところが作る
「ツェルト キリマ(Zelt Klima)」というモデルでした。


towa-motors.com



バンコンながら車内エアコンまでついていて、家族4人が就寝できる余裕の車内レイアウト。これ、いいなぁ。ものすごく欲しいです。


でもディーゼル4WDだと総額7986000円もするんだそうです。
ほぼ800万円!

充実装備のバンコンには憧れますが、さすがに800万円は無理です。



中古バンコンも探してみたんですが、中古バンコンっていうのは大半がガソリンエンジンなんですよね。
燃料がまだそれほど高くなかった時代はガソリンエンジンでも良かったんでしょうが、ガソリン価格が高騰している今、燃費の悪いガソリンエンジンのバンコンはとても買う気になれません。


ディーゼルエンジンのバンコンを探すと、20年以上前の旧型ハイエースか、逆に年式の新しいモデルは見つかるのですが、年式が新しいやつは最低でも500万くらいしてますし、20年以上前の初期型ハイエースはさすがに手を出す気になれません。
それと、キャンピングカーというのは各ビルダーの個性が出るので、自分たちの使い勝手に合ったレイアウトや内装にはなかなか出会えないもので、細かくオーダーメイドすればその分予算がかさみますし、うちのようにディーゼルかつ4WDにこだわると車両本体価格が更にアップしてしまいます。


このようにみていくと、いろいろ障壁が見えてきて、キャンピングカーを買うのを躊躇してしまうのが現実です。また、ワイドボディスーパーロングはメインの車として日常使いするにはちょっとデカすぎるということもあります。奥さんが日々運転するには、横幅21センチ、長さ51センチの差はかなり大きいものがあります。


さて、どうしたもんでしょう。。。

今年のうちに何か対策を考えておかないと、子どもたちの成長はとどまることを知りません。
何かいい知恵ないでしょうか?




最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!


また、車中泊に関することで知りたいテーマや聞いてみたいことがありましたら、お気軽にコメント欄にご記入いただければ、分かる範囲でご紹介させていただきます。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村




下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ