ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ハイエース車中泊に電子レンジを導入

f:id:sleepysheep-zzz:20210625213843j:plain


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

今回、大容量ポータブル電源EFDELTAの導入に伴い、新たにハイエースに電子レンジを設置しましたので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

車中泊に電子レンジがある暮らし

うちが車中泊に電子レンジを導入したかった目的は大きく2つありました。一つは食品の温めや調理、そしてもう一つは朝食のパンやトーストを焼くことでした。


朝食に焼き立てのパンが食べられるというのは、それだけで車中泊の1日の始まりがワクワクすると思いませんか?

うちのハイエースは、以前から車載冷蔵庫は導入していたので、冷たい飲み物やヨーグルト、ハム、チーズ、サラダなどの車中泊メニューに加えて、ここに焼き立てのパンが加わることで、ほとんどホテルの朝食と変わらない贅沢な朝を迎えることができるようになります。
同時にティファールの電気ケトルも導入しましたので、サッとお湯を沸かして熱いスープやコーヒーも淹れることができます。


車中泊のご飯のうち、実は朝ごはんが一番大切なのではないかと私は思っています。
朝をしっかり迎えることは、午前中から旅を積極的に楽しむ原動力につながると思うのです。

逆に朝食をぼんやりと適当に済ましてしまうと、朝の出発自体は早くなるかもしれませんが、10時くらいになるともうお腹が空いてきてしまったります。
午前中からしっかり活動するためにも、朝ごはんはとても大事なプロセスなのです。


まあそんなことで、うちはトースト機能のあるオーブンレンジを導入することにしました。

インバーター制御フラットオーブンレンジという選択肢

今さらですが、ここで少しだけ電子レンジについておさらいしておきたいと思います。

電子レンジには、温めだけに特化した単機能電子レンジと、オーブンやグリル機能がプラスされたオーブンレンジがあります。複合型のオーブンレンジは庫内上部とプレート下にヒーターが内蔵されていて、庫内が200度以上の高温になることでオーブンや焼き魚などの料理が作れます。

電子レンジのワット数は、よく「500W」とか「600W」とか言われますが、あれは電子レンジが食品を温める時に照射するマイクロウェーブの出力のことで、実際の消費電力とは別のものになります。マイクロウェーブを照射するための装置が作動するための電力や、ターンテーブルを動かす電力、その他もろもろを合わせ、電子レンジの消費電力は実際には1200Wくらいになります。


ところで、電子レンジにはターンテーブルがつきものですが、あのターンテーブルというのは、マイクロウェーブが一方向からしか照射できないため、食品に均一にマイクロウェーブを当てるために食品の方をくるくる回すというやり方になっているのです。

ターンテーブルのない電子レンジもあります。こちらはマイクロウェーブを多方向に拡散させて照射する仕組みになっていて、食品をくるくる回す必要がないのです。ターンテーブルがいらない分、庫内がフラットで広く使えるのと、レンジ自体がコンパクトになるというメリットがあります。


さて、少し専門的な話になりますが、電子レンジの出力方法にはインバーター式と高圧トランス式という2種類があります。
通常の電子レンジの大半はトランス方式で、マイクロウエーブをトランスによって断続的に当てたり消したりを繰り返す方式です。
これに対してインバーター制御の方は、マイクロウェーブの照射を連続可変させることができるのが特徴で、インバーター方式の方が、マイクロウェーブの消費電力を効率よくコントロールできるので、より省エネになるのと、インバーターの方が製品自体のコンパクト化にも繋がります。


そんなこんなで、うちはインバーター式で庫内がフラットタイプのオーブンレンジにしました。重さも10kgちょっとと、レンジにしては軽い方だと思います。


マイクロウェーブの出力は700Wですが、それに対して消費電力は1050Wくらいと、インバーターのおかげで省エネなので、ポータブル電源への負担が少ないのが助かります。

実際にEFDELTAに繋いで電子レンジを使ってみたところ、およそ1分の使用につきポータブル電源が1%減るくらいの感じでした。

車中泊での使用場面を考えると、1回2〜3分の使用が1日数回、それに電気ケトルの使用を合わせると1日に15%くらい消費することになるでしょうか?

日中のソーラー充電で600〜700W程度は回復が見込めるので、冷蔵庫の使用と合わせても十分持続運用が可能だと思います。


今までうちではスアオキG500を2台所有して冷蔵庫の電気を賄ってきましたが、実売価格1台5万円くらいするスアオキを2台買うよりも、1500〜1600Whクラスのポータブル電源を10〜12万円出して1台買う方が絶対におすすめです。


電子レンジや電気ケトルは大量に電気を食うと思われがちですが、実は1日の消費電力が一番多いのは冷蔵庫なのです。
24時間あたりの消費電力で比較すると、車載冷蔵庫は24時間で450〜500Wほど消費しますが、電子レンジやケトルは、24時間で考えると200W程度しか消費しません。
仮に消費電力が1200Wだとしても、使用する時間は1日に10分ほどなのです。


1度に使える電力が大きくて、しかも蓄えておける電力が大きい方が、ソーラーパネルによる発電量を効率よく貯めることができます。
例えば、100Wソーラーパネル2枚を使えば、スアオキG500の場合、晴天時4時間ほどで充電が完了します。朝8時からお昼過ぎにはもう充電満タンになるのです。
満タンになってしまえば、それ以降どれだけ太陽が降り注いでも、もはや充電はされません。
充放電の効率でいうと少しもったいないのです。


EFDELTAなら、前日にたっぷり冷蔵庫と電子レンジを使っても残量はまだ45%くらい残っています。1日に消費した電力は650〜700Wくらいでしょうか?
同じように100Wソーラーパネル2枚で日中充電したとして、晴天時で7〜8時間あれば十分満タンになります。
惜しみなく降り注ぐ太陽の力をフル活用しない手はありません。


たっぷり使ってたっぷり充電する。


うちのようにスアオキを2台買ってから、あとで大容量を買い直すハメにならないよう、車中泊の電化を考えておられるなら、最初から大容量モデルを選ぶことをおすすめします。

車中泊におすすめのラック

さて、電子レンジを車内に設置するためのラックですが、おすすめを一つご紹介しましょう。

ご紹介するのはドッペルギャンガーのラック製作用のフレームです。

このフレームは、好きなサイズの棚板にビスどめして使います。フレームには直径25mmの市販のスチールラック用のポールがジャストフィットする様に作られているので、家にスチールラックがあるなら、そのポールをそのまま使うことも可能です。

つまり、このフレームを使えば、スチールラックの銀色の棚の部分を木の板に変えることができ、しかも木の板のサイズは自由にアレンジできるので、自分の思ったサイズでラックを作ることができるというわけです。


フレームのサイズは46センチですから、タテかヨコのどちらかは46センチに規定されますが、反対側は自分の好きな長さに板をカットすればカスタマイズ可能で、棚板の高さは、スチールラックのポールの溝が2.5センチ刻みなので、自由に変えることができます。

フレームは2本で1セットになっていて、ポールは別売です。
必要な棚の数に合わせてフレームを購入してください。


このドッペルギャンガーのフレームは、車中泊の車内用としてはもちろん、さまざまなDIYにも活用できるのではないかと思います。





最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ