ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

滋賀〜京都おすすめ釣り場 江本養魚場


<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。

今日は釣りのお話しです。

皆さん釣りはお好きですか?

土曜日の午前半日が仕事だったとある週末。
残りの午後半日を家族でどう過ごすか?
と、家に帰りながらいろいろ考えた結果、「そうだ、家族で釣りでもいくか」
と思い至りました。


琵琶湖のそばに暮らしていながら、私は普段あまり釣りをしません。
子どものころから幾度となく釣りにチャレンジしては、挫折しての繰り返しでした。あまりにも釣れる気がしなさすぎて、そこに時間をかけるよりもっと他に楽しい時間の使い方があるように感じてしまって、釣りを趣味にする気がしませんでした。

いい波が延々と来ない場所で波待ちしているサーフィンのような感じというんでしょうか?
(例えがマニアックですみません)
せめて10分に1回でもアタリがあれば、まだ期待するんですが、アタリがないままただ釣り糸を垂れるのはどうも性に合いません。


そんな私ですが、夏のキャンプで子どもたちとアマゴを釣って塩焼きにして食べたのが予想外に楽しくて、子どもたちも「また釣りがしたい」と言うので、手軽に釣りができる管理釣り場なら、ちょっと遊ぶのにはちょうどいいかもなと思ったわけです。


幼少期の釣りという遊びがその後の人生に及ぼす影響というのは、その釣りが成功体験の積み重ねか、あるいは失敗体験の積み重ねかによって、全く正反対に向かうと思います。
うちの父は釣りが好きな人でしたが、家族で釣りに出かけた記憶はほとんどありませんでした。おそらく、父にとって釣りは自分の大切な時間だったんでしょう。子どもたちがわちゃわちゃしていると気が散って釣りに集中出来なかったんだろうと思います。


そんなわけでしたから、私の釣り体験はお手本も手ほどきもない自己流の、しかも魚などとうてい棲んでいそうもない近所の汚い川で、丸一日一度もアタリすらない苦行でした。「釣りなんて面白くない」という固定観念が少年時代にしっかりと染みついてしまったわけです。



親があまり趣味にのめり込みすぎると、子どもは同じものにのめり込むか、逆に敬遠してしまうかのどちらかに傾くのでしょう。
そういう点では、親がほどほどに子どもたちと一緒に楽しむくらいのスタンスで、幅広く色んな遊びに触れた方が、子どもたちの選択肢は広がるのではないか?と思ったりします。



気どらない釣り場 江本養魚場

さて、今回私たちが訪れた釣り場は、京都市左京区は百井(ももい)というところにある「江本養魚場」です。


京都からも滋賀からも車で20〜30分ほどの身近な距離にありながら、とても奥深い山の中にきた感じがして、なかなか非日常感が味わえる場所なのです。

初老のご夫婦がお二人でやっておられる養魚場はシーズン中(4月〜12月)の土日祝日のみ営業しているそうです。




料金書きによれば、
*Aコース:竿のレンタルやエサなどが込みで、5匹までという数量制限ありで3500円。
*Bコース:竿は持ち込みで、釣っただけ最後に重さを計って、その分のお金を払う仕組み。魚1kgあたり3800円。

Bコースの場合は、エサは自分で持ち込むか、あるいは現地で買うか(一握り200円)のどちらかです。


うちはハイエースのうしろにのべ竿を持ってきていたのでBコースにしました。


子どもたちはもちろん、奥さんが結構集中して釣りにいそしんでおりました。

1時間ほどかけて、小ぶりのアマゴを4匹釣り上げ、目方を計ってもらうと4匹で200gでした。
1kgあたり3800円なので、200gだと魚代が760円とエサ代200円で合計960円也。


入場料などもいらず、家族で釣りをさんざん楽しんで1000円かからないってすごく安くないですか?
釣った魚はおばさんがお腹をキレイにしてくれて、大きめの氷を入れて持たせてくれました。


おじさんは山でとれたといって、クワガタムシを子どもたちにくれました。


田舎の親戚の家に遊びに来たような、何ともほっこりできる場所。こんなところが京都にあるなんて。


江本養魚場では、釣った魚をその場で塩焼きにして食べたり、持ち込み食材でバーベキューしたりすることもできるそうです。(バーベキュー代大人1人600円)


携帯の電波は完全に圏外の山の中です。
緊急事態宣言とは無縁の隠れ里のような釣り場で、土曜日の午後をのんびりと過ごすことができました。


釣った魚でバーベキュー

その夜は、自宅のデッキでバーベキューをして、釣った魚をいただきました。


BOSEのワイヤレススピーカーでジャズを鳴らすと、始まったばかりの秋の夜長、ウッドテラスがスイングの響きに包まれていきます。


車中泊の旅に行けない週末でも、こんな過ごし方なら日常を忘れて、ひと時の旅のエッセンスを感じることができます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ