ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

ジェルボール洗剤のポテンシャル

<当ブログではアフィリエイト広告を利用しています>


ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


今回は、毎日のお洗濯に欠かせない洗濯洗剤に関するお話しです。

洗濯洗剤の移り変わり

子どもの頃、家にあった洗濯機はニ槽式以前のさらに古いタイプで、洗濯物を絞るローラーがついたやつでした。ハンドルをクルクル回すと、洗濯物がスルメイカみたいにぺったんこになって出てくるのが面白かった記憶があります。


昔の洗剤はリンが入っていたせいで河川の汚染がひどくて、とうとう法律で規制されて無リン洗剤が登場しました。
当時は粉洗剤の性能がまだ低かったので、1回にスプーン何杯も入れなくてはならず、大きな箱に入った洗剤は運ぶのも大変でした。
それから徐々に粉洗剤の性能が向上していき、スプーン1杯でしっかり洗えるようになって、洗剤の箱もずいぶんコンパクトになりました。


やがて液体洗剤が開発され、今では液体洗剤を使う人が圧倒的に多いのではないかと思います。
わが家ももう何年も液体洗剤ばかり使ってます。


最新の洗濯機は洗剤の自動投入機能がついていて、洗濯物に応じて必要な量を自動的に投入してくれ、いちいち洗剤を図る手間が要らないようです。
たしかに、洗剤をキャップではかって入れ、酸素系漂白剤をはかって入れ、さらに柔軟剤をはかってと、洗濯のたびにこれらの作業をするのはなかなか面倒なものです。またボトルが空になると、詰替用の液体を移し替えなければなりません。これもなかなか厄介です。

洗濯洗剤をジェルボールに変えてみた

不思議なもので、洗濯って一定のやり方が染みつくとずっと同じパターンを繰り返す家事のような気がします。
使う洗剤もだいたい決まっているという家が多いのではないでしょうか?
うちもまさにそうでした。


それが最近ふとした事をきっかけに洗濯洗剤を「ジェルボール」というやつに変えてみたんです。そしたら、これがなかなか便利な上にコストも従来より安上がり、ふわっと香るにおいもなかなか好みです。


これまで液体洗剤と漂白剤と柔軟剤の3種類を使っていたのが、ジェルボール1つ放り込むだけなので手間もかかりません。


洗濯1回あたりのコストは?

ジェルボールって何となくコストが高いイメージがあって、今まで敬遠していたのですが、比較してみると実はそうでもないことが分かりました。

従来の方法と比較してみましょう。
洗濯物の量は6kgとします。

1.洗濯洗剤
アタック 2500ml詰替用768円
6kg洗い1回量58g 約43回分
洗濯1回あたり17.8円

2.酸素系漂白剤
ワイドハイター450ml詰替用248円
1回40ml 約11回分
1回あたり22.5円

3.柔軟剤
ソフラン1520ml 詰め替え用498円
1回60mlで約25回分
1回あたり19.9円


3つ合わせると1回あたり約60円かかる計算になります。もっと安い洗剤や柔軟剤を使えば、1回のコストはもう少し抑えられるかもしれませんが、それでも最低40円くらいはかかると思います。


一方のジェルボールはどうでしょう?

コメリで70個入りのジェルボールが2280円で売られていました。市販だとだいたいこれくらいが相場のようです。
2280÷70=1回あたり32.5円ということになります。

ネットで色々調べてみると、amazonで76個入り×3袋で5220円、送料無料というのを見つけました。76×3=228個なので、1回あたり22.9円ということになります。
手間がかからない上にコストも安いとなれば、これはもう使うしかありません。

ジェルボールの洗い心地

ジェルボール洗剤というのは、水に溶けるカプセルの中に洗剤や漂白成分、そして柔軟剤などがあらかじめ入っていて、洗濯機に入れて洗濯が始まるとカプセルが水に溶けて中身が出てくるようになっています。

アリエールやボールドなどいくつかジェルボールが出ていますが、うちが使ってみたのはアリエールのやつです。
実はアリエールのジェルボールには柔軟剤は入っていないんですね。でも実際にアリエールのジェルボールを使ってみると柔軟剤が入っていなくても十分ふわふわに仕上がります。そして、洗濯したあとの香りが結構長い時間続くんです。
使ってみた乾燥としては、これなら柔軟剤は必要なく、これ一つで十分という感じです。


肝心の汚れ落ちに関しても、ジェルボールは食べこぼしなどの汚れもキレイに落ちてくれ、さらに消臭や除菌にも優れているので、部屋干ししても嫌な臭いが残らないのも助かっています。
ちなみにアリエールのジェルボールには「部屋干し用」と「通常タイプ」の2種類ありますが、通常タイプも部屋干しタイプも除菌力は同じで、通常タイプで部屋干ししても嫌な臭いが残ることはありません。

では何が違うかというと、通常タイプの方が香料が若干多めになっているらしく、より香りがしっかり残るそうです。
うちは乾燥機もよく使うので、乾燥機の熱で洗剤の香りが飛んでしまわないよう香り成分の多い通常タイプの方を使っていますが、香りがキツすぎることもなくちょうどいい感じです。


ジェルボールを使う上で注意する点としては、ジェルボール1つで洗える洗濯物の量が最大6kgまでということです。
1回の洗濯が6kgを超える場合はもう一つジェルボールを追加する必要があります。


それともう一つの注意点は、ジェルボールのカプセルは水溶性なので、水に触れたり湿気の多い場所に置いておくと段々表面が溶けてくるということです。大袋入りのジェルボールはジップロックをしっかり閉じておかないと、徐々にカプセルがベタついてきます。注意書きにも書かれていますが、できれば密閉できる容器に移し替えて保管する方が良さそうです。


今回は、毎日の洗濯洗剤をジェルボールに変えてみたというお話しをお届けしました。
最近CMでも洗濯洗剤の新しい形がどんどん登場してきています。昔ながらの粉洗剤がいいという方もおられると思いますが、一度試しに新しい洗剤を使ってみられてはいかがでしょう?
新たな発見があるかもしれませんよ。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。

ご協力ありがとうございます!


また、車中泊に関することで知りたいテーマや聞いてみたいことがありましたら、お気軽にコメント欄にご記入いただければ、分かる範囲でご紹介させていただきます。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村




下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ


プライバシーポリシー/お問い合わせ