ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊ハイエースにリアラダーを取付

f:id:sleepysheep-zzz:20211101065211j:plain

ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


先日、ハイエースのリアゲートにラダー(はしご)を取り付けましたので、今回はそのことについてご紹介したいと思います。

ルーフテントとセットで威力を発揮

去年の秋に、ハイエースの屋根にルーフテント用のキャリアを自作しました。
sleepysheep-zzz.hatenablog.com
sleepysheep-zzz.hatenablog.com
sleepysheep-zzz.hatenablog.com



ルーフテントをDIYした時に余ったアルミフレームではしごも自作して、今まではそれを使ってたんです。
はしごは屋根の上に積んでおいて、ハイエースに上がる時ははしごを屋根から下ろして使っていたんですが、はしごの積み下ろしがけっこう面倒なんですよね。

キャリアの高さが210センチほどあり、はしごを下ろすためにもう一つ別の脚立が必要です。
つまり、ハイエースに脚立を積んでおいて、まず脚立を出してその上に登ってはしごを下ろすという二度手間が毎回生じるわけです。


ハイエースの屋根に上がるためのひと手間が地味に面倒くさいことがネックになり、せっかくルーフテントキャリアをこしらえたのに、あまり屋根の上に上がることなく1年が過ぎてしまいました。


気軽に屋根に上がるためには、はしごが常設されているに越したことはありません。



リアラダーの存在は以前から気にはなっていたんですが、取付が大変そうなイメージがあり、今までは躊躇していました。
そこで、これを機に「ハイエース リアラダー」と検索して、色々調べてみました。


一口にリアラダーといってもさまざまなタイプがあり、リアゲートに向かって右端に取り付けるタイプと、中央に取り付けるタイプに大きく分かれます。そして、車種ごとにラダーの種類が違うので、うちの場合、ハイエース200型標準ボディ、標準ルーフ用というのを探さなくてはいけません。


ラダーの取付は、リアゲートに穴を開けたりビスどめしたりする必要はなく、車種別のステーを使って、リアゲートの外枠の部分に挟むようにして固定するタイプが多いようです。
取付自体は大した作業では無さそうですし、つけ外しも案外簡単みたいです。
まあ、一度取り付けてしまえば、基本的に外すことはないとは思いますが。


ネット情報によれば、ラダーをつけたままで車検も通るみたいです。



それにしてもリアラダー、中古でもけっこういい値段してますね。相場で30000円くらいはするみたいです。
しかも送料が別に6000円〜10000円くらいかかります。大型商品なんで送料も高いんでしょうね。



屋根に上がるためだけでなく、ラダーの部分を使って自転車をくくりつけたかったので、できればゲートの中央に取り付けるタイプのはしごがいいなと考えていました。


根気よく探していたところ、ヤフオクで「アイバワークス」製のステンレスラダーが手頃な価格で出ているのを見つけました。アイバワークスなら品質や丈夫さには定評があります。


最近メルカリばかり利用して、久しくヤフオクを使っていなかったので、少しドキドキしながら入札してみました。

メルカリなら値下げ交渉で値段が下がることはあっても、表示価格が上がるということはありません。一方、ヤフオクの場合、他に入札者がいれば値段がどんどん釣りあがっていきます。

昔、商品が欲しいあまり、つい熱が入って競り合ってしまった苦い経験があります。



他の誰かが最高入札額を更新しないことを祈りつつ落札終了時刻を待ちました。


するとなんと、幸運なことに他に入札者は現れず、開始価格のままで落札することができました。

落札価格は7800円。
定価45000円のステンレスラダーなので、かなり安く手に入りました。



実際には送料が別に6000円かかるので合計13800円ということになります。
出品元の岐阜県まで引き取りに行くことも考えたのですが、往復の交通費や時間を考えると、6000円の送料を払う方が安くつきそうなので、おとなしく送ってもらうことにしました。


アイバワークス製は期待通りの頑丈さ

ヤフオクで落札してから1週間ほどが経ち、ようやくリアラダーが届きました。


f:id:sleepysheep-zzz:20211101065347j:plain

オールステンレス製の丈夫そうな作りです。溶接もしっかりしていて、さすがはアイバワークスという感じです。目立った傷や凹みもなく、ステー類も歪んだりしてなくて、安心して使えそうです。持ってみると思ったより軽く感じました。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101065453j:plain


送られてきたのはラダー本体と、上部ステー1つ、下部ステーが2つ。パーツはそれだけです。
固定用に12mmのボルトが4つ。出品者の方が新品のボルトを付けてくれたとのことでしたが、ユニクロのボルトなので、このままではすぐに錆びてしまうでしょう。


せっかくなので、ここはステンレスのボルトナットに替えておくことにします。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101065613j:plain

それにしても、パーツはたったこれだけなんですね。


基本的な取り付け方は、可動式の上部ステーをハイエースのリアゲートの上端に引っかけるようにして、下部ステーをリアゲートの下端にボルトで固定すれば完了です。


要するに、はしごへの荷重は全て上部ステーのフック部分にかかり、下部ステーはラダーが外れないための固定の意味合いで、荷重はすべて上部ステー1カ所にかかるようです。


強度的には80kgまで大丈夫ということです。
ラダーへの荷重は大丈夫そうですが、ハイエースのリアゲートの上部1カ所に荷重が集中するということが、素人目には少し心配な感じではあります。

まあ、トヨタの純正ラダーも同じ作りなので、そこはちゃんと荷重計算されているんでしょうね。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101065813j:plain
リアゲートに上部ステーをひっかけたとのろです。ステーがボディに当たる部分には、傷防止のためシートを貼って保護しておきます。


f:id:sleepysheep-zzz:20211101065926j:plain
こちらははしごの下部ステーの部分。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101070040j:plain

ボルトを締め付ける前は1センチくらい隙間が空いた状態です。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101070051j:plain

そのままではボルトの長さが足りずナットがねじ山にかかりません。そこでミニ万力を使ってステーを少し締めあげてから、ナットを締めつけていくことにしました。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101070043j:plain
1センチほどあった隙間がぴったり締めあげられました。



取付が完了しました。

アイバワークスのラダーは、はしごの数が5本あるのが特徴です。ラダーによってははしごが4本のタイプがあり、それだと上下に隙間ができて、屋根に上がる最後の1本が屋根より少し低い位置になります。微妙な差なのですが、この最後の1段というのは上り下りにおいては結構大切なのです。


f:id:sleepysheep-zzz:20211101071419j:plain

それと、リアゲートとラダーとの隙間、つまりリアゲートの壁面からはしごが出っ張るふくらみの部分が、他社のラダーより広めなのもアイバワークスの特徴です。

はしごの壁の距離が近いと、上り下りする時に靴の先がリアゲートに当たってしまうんですよね。ヘタをすると靴が滑ってステップを踏みはずす恐れもあります。


f:id:sleepysheep-zzz:20211101071217j:plain

リアゲートを上げるとはしごとルーフキャリアの隙間が1センチないくらいでした。
もしはしごがキャリアに当たるようなら、キャリアを前にずらす必要があったのですが、ぎりぎり大丈夫なようです。


これでハイエースの屋根に上り下りするのがうんと楽になりました。
ルーフテントはもちろん、リアに自転車をくくりつけたり、屋根に荷物を固定したり、また車中泊用にゴミ箱を設置することも気軽にできそうです。

f:id:sleepysheep-zzz:20211101071239j:plain
早速、真っ先にはしごを上がっていく下のチビ介くん。


これからどんどん活用していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ