ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊 実用性の高いDIYその1

f:id:sleepysheep-zzz:20220109220056j:plain

ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


今回は、過去に製作した車中泊DIYの中で、結局使わなくなってしまったものと、実用性が高くやって良かったと思えるものをご紹介したいと思います。

車中泊DIYはトライ&エラー

トライ&エラーというか、スクラップ&ビルトといいますか。とにかく車中泊DIYはそうイメージ通りにはいかないものです。はじめからメーカー製のバンコンキャンピングカーを買えばそうではないのかもしれませんが、自分でコツコツと週末を使ってDIYしていくわけですから、苦労と失敗はつきものです。

狭い車内スペースをできるかぎり有効に活用したいと思っても、DIYすることによって逆に空間は少しずつ狭まっていきます。

せっかく良かれと思ってこしらえたDIYも、実際に車中泊で使ってみると思ったより使い勝手が悪かったりします。あるいは新しいDIYのせいで、以前にこしらえた別のDIYがしわ寄せを食って全体的に使いづらくなってしまったり・・・。
そうなると、せっかくの苦労もまた一からやり直しということになるのです。

DIY自体が目的ではなくて、あくまでDIYは快適な空間を確保するための手段でなければなりません。家族4人が楽しく快適な車中泊を過ごせることが、すべての報いにつながるのです。



今までに作ってみたものの使い勝手が悪くて結局使わなくなってしまったDIYの一つに「2段ベッド」があります。

ハイエースの一番後ろに、元々の自作ベッドキットに90度立体交差するように横向きにフレームを組んで、子どもが寝られるベッドをこしらえたのでした。


2段ベッドの考え方自体は決して悪くないと思うんですよ。
ベッドのサイズは約150センチ×54センチ。作製した当時、上の子の身長が110センチほどで、横になると足元にはまだ十分余裕がありました。おそらく、サイズ的には小学校5~6年くらいまでは使用できるんじゃないかと思います。


ベッドは組み立て式にしてあって、各パーツはバラバラに分解できます。

ただ、実際の車中泊では、就寝のたびに組み立てたりばらしたりすることは考えていなくて、出発前に2段ベッドを設置したら、車中泊の間はずっと設置したままで過ごします。

そうすると、寝る時以外も常にリビングの後ろ1/3のスペースが2段ベッドで占領されてしまって、車内でご飯を食べる時やリビングでくつろぐ時に、ベッドの存在がとても邪魔になってしまうんですね。翌朝朝ごはんを食べる時も同じくです。

うちは、わりと就寝以外でも車内で過ごす時間が長いので、2段ベッドの圧迫感が次第に窮屈に感じられるようになり、2段ベッドは3~4回使ったあと、やがて使用しなくなりました。

まず車中泊におけるライフスタイルを考えるべき

車中泊DIYはあくまで快適化の手段であって、作ること自体が目的ではありません。車中泊を快適に過ごすためのDIYを考えるには、車内で過ごす自分たちの姿をまず先にしっかりイメージすることが大事だと思います。

そういう意味で2段ベッドは、単に寝泊まりする「就寝場所」としてだけ考えるなら十分使えるのですが、リビングが就寝場所に加えて食事やくつろぎの場所にもなる車中泊では、2段ベッドは大きすぎて邪魔になってしまうのです。
それに加えて、ハイエースの後部に2段ベッドがあると、リアゲートを開けた時の使い勝手がとても悪くなってしまうのもネックでした。
うちは、シチュエーションによってはハイエース後部から出入りをしたり、リアゲートを開けたひさしの下で食事をしたりするパターンもあるので、車の後ろが2段ベッドで分断されてしまうのは、トータル的に考えるとデメリットの方が大きかったのです。


車内スペースの使い方や車内での動線は、それぞれの家族によってスタイルが異なると思います。それぞれの家族が、「車での食事」、「くつろぎの時間」、「就寝スペース」のどれを最優先に考えるか?ということも、車中泊のDIYを考える上で影響してくると思います。


いろいろな車中泊DIYの記事やブログを読むと、「これいいなあ。うちもやってみたいなあ。」と思うわけですが、それを実際に自分たちの車に取り入れたらどうなるか?というのはまた別で、作る前に出来上がりをイメージするのはなかなか難しいことだと思います。
そういう意味でも、うちはできるだけいろいろな自作に実際チャレンジしてみて、そこでの失敗や学びをありのままお伝えしていこうと思っています。

おすすめ車中泊DIY事例

さて、こんな風にいろいろ失敗も多い車中泊DIYですが、次は「作ってよかった」と思えるDIYをいくつかご紹介しておこうと思います。中には今の形になるまでに何度かマイナーチェンジして、ようやく使い勝手が落ち着いたものもあります。
そうやって実際に使いながら自分たちの使いやすいように少しずつアレンジしていけばいいと思います。

1.簡易ギャレー

ギャレーとは本来はキッチンとシンクの組み合わさったものをいうらしいですが、ここでは車内で水が使える簡易的な水道のことをギャレーと呼ぶことにします。
ギャレーについてはこれまで何度か作り直し、また車内の置き場所を変えたりしてきました。その結果、うちの場合は後部シート右の背面が一番使い勝手が良いことが分かりました。この場所にギャレーを設置してからはずっと置き場は変わっていません。

ギャレーはタンクや排水タンクをいかにコンパクトに収めるか?がポイントです。床上に出る部分をなるべく減らすという意味では、ベッドキットの床下にタンク類を収納するのがもっとも場所をとりません。うちは、排水タンクと給水タンクの置き方を逆にして、床下に給水タンクを置き、床上にシンクと排水タンクを配置しています。くわしくは過去の記事をご覧ください。初めのうちは木で入れ物を作っていたのですが、省スペースのため布製のダストボックスを排水タンクの入れ物に流用してみたところ、これがとても使い勝手がよく、それ以降ずっとこの形で使用しています。

sleepysheep-zzz.hatenablog.com
sleepysheep-zzz.hatenablog.com


2.ベッドキットの多分割化

ベッドキットに関しては、市販のものより絶対に自分でDIYされることをおすすめします。
材料は木を使うのが、いろんな細工がしやすいです。そして、床を何枚かのピースに分割して、部分的に開け閉めできるように工夫する「床の多分割化」が車中泊にはとても便利です。

f:id:sleepysheep-zzz:20220110085817j:plain

車中泊を続けていくと、床下へのアクセスの面倒さという問題にやがてたどり着きます。
床下にはかなりの収納量がとれますが、それを取り出すには床を持ち上げるか、リアゲート側から荷物を引っ張り出す必要があり、これがなかなか面倒なのです。
そこで、キッチンの床下収納みたいなイメージで、部分的にベッドキットの床が持ち上がるようにしてやることで、床下の荷物に容易にアクセスできるようになりますし、状況によっては床を跳ね上げて自転車やタイヤなどを積むこともできます。
f:id:sleepysheep-zzz:20220110084844j:plain

sleepysheep-zzz.hatenablog.com


さて、今回はこのへんで。次回、引き続き実用性の高いDIY 2をお届けします。
最後まで読んでいただきありがとうございます。



車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ