ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

ビルダーのカスタムはとても素敵だけれど、紹介写真には荷物が載っていない。実際の車中泊は荷物との闘い。狭苦しい車内をいかに効率的に収納を工夫するか、4人家族でも楽しく快適なバンライフが送れるブログをお届けしています。

車中泊 おすすめ入浴施設〜長命寺温泉

f:id:sleepysheep-zzz:20211006072914j:plain

ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。


今回は、地元滋賀にあるおすすめ入浴施設をご紹介するシリーズで、琵琶湖岸の東側、近江八幡にある長命寺温泉「天葉の湯」をご紹介したいと思います。

長命寺温泉「天葉の湯」

今回ご紹介する「長命寺温泉 天葉の湯」は琵琶湖の東岸、近江八幡に位置します。天葉の湯と書いて「あまはのゆ」と読みます。

住所上は近江八幡となっていますが、位置的にはどちらかというと守山に近く、琵琶湖大橋から湖岸沿いを15分ほど走った場所にあります。



f:id:sleepysheep-zzz:20211006072940j:plain

名前の一部にもなっている長命寺というお寺が近くにあり、湖岸沿いの道から案内看板に沿って細い道に入っていくと、やがて小さな港が見えてきます。温泉施設はこの港に沿うかたちで建てられています。



琵琶湖沿いにあるレジャースポットや入浴施設としてはあまり目立つ存在ではなく、少し奥まったひっそりした場所にあることもあいまって、何とも穴場感たっぷりな感じがします。


f:id:sleepysheep-zzz:20211006073646j:plain
※天葉の湯ホームページより引用


入浴料金は大人平日1000円、休日1200円となっています。幼児は無料。決して安い部類とは言えないですが、フェイスタオルとバスタオルが最初から料金の中にセットされているので、手ぶらでもふらっと入浴利用できるところがなかなか心にくいサービスだと思います。


ここの入浴施設を初めて利用したときに感じたのは、一言でいうと「非日常感」。
何というか、ホテルの中にいるような感じというんでしょうか?あまり入浴施設っぽくないんですね。
玄関から受付の感じもそうですし、脱衣室や洗面スペースの雰囲気も、どちらかといえば会員制のホテルのジムのような感じがします。置いてあるアメニティグッズなども、ちょっと高級感があって、そういうところも含めて、よくある健康ランドとは違う少しリッチな非日常感が味わえます。

休日に滋賀を訪れる人の多くは、初めから「お風呂に入りに行こう!」とは思っていない人がほとんどだと思うんですよね。
だから、当然、入浴の用意なんかも持ってきていないわけです。
そんな休日ドライブの道すがら、ふらっと飛び込みで入って、のんびりと過ごすことができる、それがここ天葉の湯のいいところだと思います。

開放感に癒される展望デッキ


天葉の湯のもう一つおすすめなのが、2階にある展望デッキです。
お風呂は1階にあり、お風呂を出ると「2階に無料休憩所があります」という案内表示があって、階段を上っていくと広い畳のごろ寝スペースと食事ができるスペース、そしてその外側にこの展望デッキが設置されています。


展望デッキからは小さな港が見渡せ、港の向こうには琵琶湖の雄大な景色が広がっています。

f:id:sleepysheep-zzz:20211006072944j:plain
展望デッキにはゆりかごのような吊り椅子が設けられていて、これにブラブラ揺られながら湯上がりの熱い身体を琵琶湖の風で冷やすのは、なかなか他では味わえない体験です。

食事を注文してこの展望デッキで食べることもできるようなので、天気の良い平日に入浴&ランチというのはとても贅沢な過ごし方ではないでしょうか?

私たちが訪れたときは強風が吹く悪天候だったので、展望デッキは風よけのカーテンが閉められていましたが、普段はここが開放されているということでした。


とにかく常にやんちゃなわが子たちは、このゆりかご椅子にすっかり魅了されてしまい、さんざん遊んだ挙句、最終的にはゆりかごを揺らしすぎて土台ごとなぎ倒してしまうというアクシデントが発生!
幸い大事には至りませんでしたが、あわやガラス窓を粉々にしてしまうところでした。

あぶないあぶない…。
本当にちびっこギャングたちは、片時も目が離せません(笑)


とにかく、なかなか他では味わえないリッチな気分を味わえるのが「長命寺温泉 天葉の湯」のいいところです。
ぜひ、一度お試し頂きたい温泉でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

車中泊の旅ランキングに参加しています。励みになりますので、よければクリックしていただけると嬉しい限りです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


下のバナー、ken&sho...は子どもたちの名前から取っています。バナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。

車中泊ランキング
人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー/お問い合わせ